こむかい産婦人科|立川駅の産婦人科、妊婦健診、乳がん検診

  • 立川駅から徒歩5分
  • お問い合わせはこちら
  • 〒190-0022 東京都立川市錦町2-3-30
    042-525-3524 ※予約制ではありません

症状別ページ

妊婦健診 里帰り出産などの方も当院での受診が可能です

お問い合わせはこちら

HOME»  症状別ページ

こんな症状・お悩みをお持ちの方は、一度ご相談下さい

生理のお悩み

痛み・痒み

お身体の異常、違和感

生理のお悩みについて

生理がこない
生理が来ない

妊娠の可能性はありますか。妊娠検査をしましょう。
妊娠でなくても、1ヶ月半~2ヶ月以上間が開くようであれば
ホルモン検査をやりましょう。

▲症状一覧へ戻る
月経が長引く
月経が長引く

子宮筋腫や子宮内膜症は大丈夫ですか。
超音波検査を受けましょう。
多い量が続く時は貧血も心配です。

▲症状一覧へ戻る
生理痛がひどい
生理痛がひどい

子宮内膜症等と関連がある場合があります。
超音波検査をしましょう。
治療としては、鎮痛剤、漢方薬、低容量ピル等があります。
貴女の現状にあわせて治療を考えます。ご相談ください。

▲症状一覧へ戻る
生理不順
生理不順

卵巣機能の低下の可能性があります。状況により血液検査をしましょう。
基礎体温は参考になりますので、可能ならばつけてください。
治療は現在妊娠を望むか否かによって変わりますが、
漢方薬、ホルモン剤、排卵誘発剤が候補でしょうか。

▲症状一覧へ戻る
月経量が多い
月経量が多い

貧血が心配です。
子宮筋腫や子宮内膜症が原因の場合があります。
検査を受けましょう。

▲症状一覧へ戻る
月経が頻回にくる
月経が頻回にくる

卵巣機能の低下の可能性があります。
また貧血がある場合もありますので、検査を受けましょう。
基礎体温は参考になりますので、可能ならばつけてください。

▲症状一覧へ戻る

痛み・痒みについて

腹痛
腹痛

子宮筋腫、卵巣腫瘍、子宮内膜症等の腫瘍性疾患やクラミジア、
淋菌等の感染症の可能性があります。
超音波検査、感染症検査を受けましょう。

▲症状一覧へ戻る
腰痛
腰痛

子宮筋腫、卵巣腫瘍、子宮内膜症等の腫瘍性疾患の可能性もあります。
超音波検査を受けましょう。
また尿路系に異常がある場合もあります。

▲症状一覧へ戻る
排尿の痛み
排尿の痛み

膀胱炎でしょうか。尿検査をしましょう。
その場合には、抗生剤を投与します。
年齢によっては膣の入口の粘膜が痛んで、尿がしみる場合があります。
その場合には、塗り薬やホルモン剤で対処します。

▲症状一覧へ戻る
外陰部が痛い
外陰部が痛い

ヘルペスの可能性があります。
検査し、治療しましょう。

▲症状一覧へ戻る
外陰部がかゆい
外陰部がかゆい

感染症ではカンジダ、トリコモナスが代表的です。
検査し、治療をしましょう。

▲症状一覧へ戻る
外陰部にぶつぶつ
外陰部にぶつぶつ

痛みがあれば、ヘルペスの可能性があります。
その他コンジローマ等の疾患の可能性もあります。
まずは拝見させてください。

▲症状一覧へ戻る

お身体の異常、違和感について

不正出血
不正出血

子宮頸がん、子宮体がんともに不正出血が初発症状の1位です。
がんでなくても、子宮筋腫、子宮内膜症、頚管ポリープ等の良性の病気の可能性があります。
検査を受けましょう。ご本人が気づかないうちに妊娠し、切迫流産ということもまれにあります。
最終月経はいつでしたか。

▲症状一覧へ戻る
急に汗が出る
急に汗が出る

自律神経の不調や更年期障害の可能性があります。
漢方薬やホルモン剤を使って、治療しましょう。

▲症状一覧へ戻る
股の間に何か触れる
股の間に何か触れる

子宮や膀胱が下がってくる子宮脱、膀胱脱の可能性があります。
当院では下がる程度により、ペッサリーという器具を膣内に入れ、
下がるのを抑える治療をします。

▲症状一覧へ戻る
帯下(おりもの)が気になる
帯下(おりもの)が気になる

細菌検査をしましょう。頻度が高いクラミジアや淋菌、
若い女性にも増えている子宮頸癌の検査も同時にやりましょう。

▲症状一覧へ戻る
生理前の体調不良
気分の変調
生理前の体調不良

月経前症候群(PMS)かもしれません。
漢方薬等で治療しましょう。

▲症状一覧へ戻る
トイレに間に合わない
トイレに間に合わない

骨盤底筋体操をやりましょう。
場合により投薬を考慮します。

▲症状一覧へ戻る
尿が近い
尿が近い

膀胱炎でしょうか。尿検査をしましょう。
膀胱が過敏になっている過活動膀胱の場合もあります。
その場合は骨盤底筋体操や薬剤で対処します。
まれですが、膀胱が子宮筋腫や卵巣腫瘍に圧迫されて、症状が出ていることもあります。
超音波検査もやられたほうが良いかもしれません。

▲症状一覧へ戻る
Page Top